RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ツアー・オブ・ジャパン
イタリアでは、世界3大ツール(自転車ロードレース)の一つ、ジロ・デ・イタリアが開催中で、ちょうど盛り上がっているところなのですが、日本でもちゃんと国際レースが開催されています。
それがツアー・オブ・ジャパン
いわゆるグランツールのように3週間も走りつづけるというわけではないのですが、大阪、奈良、美濃、南信州、富士山、伊豆、そして東京と7つのステージを1週間かけて走りトータルのタイムやポイントなどを争うレースです。

最終ステージの東京ステージが27日に開催されたので、見に行ってきました。

コース設定は、日比谷を11時にスタートして南下、大井埠頭に至り、大井埠頭の1周7劼亮回コースを19周する合計約150劼里曚槓臣海淵魁璽后

私は、品川からの無料送迎バスで大井埠頭に向かいました。

大井埠頭のゴール地点(といっても周回コースなので何度も選手は通ります)では、大型のモニターが設置されて、JSPORTSの自転車ロードレースの中継でおなじみの実況、解説者が生放送をしています。この日の夜にもジロ・デ・イタリアの生中継があるのに、ご苦労様です。


ちかくのイベントスペースでは、サイクルショップなどの出店もあり、様々なグッズやパーツなどが売られていました。また、ロードサイクルの乗り方講座なども開かれました。
その奥には表彰台の準備も。





そうこうしている間にも選手はコースを駆け抜けていきます。
この日のタイムは3時間8分。つまり平均時速47.5辧殖茵



今はジロの開催中なので、ほぼ毎日のようにテレビで観戦していますが、やはり生で観戦するのはいいですね。ただ、ヨーロッパのレースだと本当のロードレースで周回コースがあまりないので、選手の集団が通り過ぎるほんの十何秒のために長く待つ、ということになるのでしょうけど。

ジロが終わると、7月にはいよいよツール・ド・フランスです。
author:matsu, category:自転車, 21:14
comments(0), trackbacks(2)
ツール・ド・フランス2006第20ステージ
3週間走り続けたツール・ド・フランスもいよいよ終わり。思えばスタートしたときは、サッカーワールドカップがまだ準々決勝をやっていました。ずいぶん昔のような気がします。

今日はほぼ集団ゴールとなるため、タイム差がつかないことで、昨日までの総合首位ランディスがそのまま優勝となります。今日の見どころはところどころで繰り広げられるお祭り(おちゃらけ?)と、最後のゴールスプリントです。

なので、今日のJSPORTSのツールプレゼントクイズは「今日のステージ優勝者は?」というもの。今日の唯一の見どころです。答えはトル・ハスホフト。序盤活躍した彼が、最後のスプリントもものにしました。

サッカーワールドカップ、ツール・ド・フランスと続いたスポーツ観戦もようやく一段落です。しばらくはぼちぼちとJリーグ観戦とします。
author:matsu, category:自転車, 00:36
comments(0), trackbacks(0)
ツール・ド・フランス2006第19ステージ
上位3人のタイム差が30秒以内。19日間、80時間以上走って30秒以内。混戦とは思っていましたがこれほどとは。このタイム差をもってこの日の個人タイムトライアルへ突入。

結果、やはりタイムトライアルの得手不得手が如実に出てしまいました。前日30秒差の3位だったランディスが全体で3番目の好タイムを出し総合首位に進出。事実上今年のツール・ド・フランスの総合優勝を確実にしました。

12秒差の2位だったサストレはステージ20位に沈んでしまい、クレーデンにも抜かれて総合4位。首位だったペレイロも頑張ったのですが逆転のうえ59秒差をつけられてしまいました。

ということで、この日のJSPORTSのプレゼントクイズ、「今日のステージを終わってのマイヨジョーヌは?」の答えはランディス。まあ予想とおりといったところです。
author:matsu, category:自転車, 07:19
comments(0), trackbacks(0)
ツール・ド・フランス2006第18ステージ
今日は第18ステージ。久しぶりの平坦ステージです。明日のタイムトライアルが総合争いに決着をつけるポイントになりそうなので、総合上位は今日は動かないでしょう。

今日のJSPORTSのツールプレゼントクイズは「今日のステージ優勝者は?」というもの。
前述の理由から、逃げている15人の集団の中から今日のステージ優勝者が出そうな感じもあります。

私は一応ポポヴィッチということで。

回答はこちらまで。
締切は23:30です。
author:matsu, category:自転車, 23:07
comments(0), trackbacks(0)
ツール・ド・フランス2006第17ステージ
今年のツール最後の山岳ステージ。混戦となった総合争いをめぐる神経戦。そして最後に待つカテゴリー超級の峠とゴールまでの12劼硫爾蝓

ついつい中継の方に見入ってしまい、こちらの更新を忘れていました。

今日のJSPORTSのツールプレゼントクイズは「今日のステージを終わってのマイヨジョーヌ(総合首位)は?」というもの。
昨日を終わっての首位はオスカルフレイレ。しかし最後の峠で遅れないか?前日不可解な10分遅れを喫したランディス。終わったと見せかけて今日は捨て身の逃げ。暫定ながら首位。このまま後続との差をキープできるか?

総合2位のサストレ、3位のクレーデン。実はこの2人が有利なはずだが、ここぞという峠で遅れることもある2人。しかし、「今日の」という但し書きをつけるとこの4択か。

私は一応サストレにしておきますが、案外T−モバイルのエースはクレーデンではなくロジャースなのかも??

回答はこちらまで。
締切は23:30です。
author:matsu, category:自転車, 23:19
comments(0), trackbacks(0)
ツール・ド・フランス2006第16ステージ(その2)
いよいよ、総合優勝を争う選手たちが最後の山頂ゴールに向けて動き出しました。山頂ゴールでタイム差がつくのか、それとも明日、またはタイムトライアルに持ち越されるのか?現時点では予想は難しそうです。

今日のJSPORTSのツールプレゼントクイズ、2問目は「今日のステージ優勝者は?」というもの。総合優勝争いの集団は、周りの選手を確認しながら、神経質な駆け引きをするでしょうから、現在先頭を走っているラスムッセンにはあまり注意を払わないかもしれません。もちろん、この集団がゴールを前に本気で走り出したら、ラスムッセンにおいつくかもしれませんが、ややラスムッセン有利ではないかと思います。

他の候補としては、ライプハイマー、アゼベド、シュレク、メンチョフ、ランディス、メルクス、クネゴ、アローヨ、カウッキォーリといったあたりでしょうか。

クイズの応募はこちらから。
締切は23:30です。
author:matsu, category:自転車, 22:29
comments(0), trackbacks(0)
ツール・ド・フランス2006第16ステージ
昨日、あんなに激しいステージをこなしたのに、今日はさらに厳しいステージ。序盤からカテゴリー超級の峠が登場し、それをなんとかこなすと今度はスリリングな下りコースがこれでもかとばかりに続く。集中力を切らすとガードレールの餌食になる(それで済めばいいが)。

長い長〜い下りを終えたあとは、またしてもカテゴリー超級の峠。そして、今日の最後もカテゴリー1級の山頂ゴール。今日はリタイアする選手が多く出るのでは?

今日のステージを終わって、総合優勝の行方がだいたい決まってきそうです。

今日のJSPORTSのツールプレゼントクイズも2本立て。1つめは、「第2山岳ポイント(クロワ・ド・フェール峠・超級)をトップで通過する選手のチーム名は?」というもの。昨日とほとんど同じ問題ながらも、違うのは峠のカテゴリー。恐らくは総合にはあまり関係ないかもしれない生粋のクライマーがトップ通過ではないかと。昨日逃げていた18人は答えの有力候補です。


答えは昨日と同じでリクイガス、サウニエルデュバル、ディスカバリーチャンネル、CSC、T−モバイルあたりが有力になりそうに思います。
クイズの応募はこちらです。
締切は22:00まで。そのあとで2問目がでるものと思われます。
author:matsu, category:自転車, 19:42
comments(0), trackbacks(0)